Odette e Odile

  • Rate 1
  • Rate 2
  • Rate 3
  • Rate 4
  • Rate 5
評価 : まだまだ
価格帯 : ¥¥¥¥
国名 : 日本

Odette e Odileは、サプライチェーンでの有害な化学物質を排除するための適切な措置を取っていません。

Odette e Odile エシカルレーティング結果

地球
2/5
人間
1/5
動物
2/5

総合スコア : まだまだ

  • Rate 1
  • Rate 2
  • Rate 3
  • Rate 4
  • Rate 5
Shift Cの総合スコアは、5段階で評価されます。 詳しい評価方法はこちら

Odette e OdileはUnited Arrowsが所有するブランドです。

「地球」に関する評価は二酸化炭素排出、廃水、ビジネスモデルや製品の循環まで、ブランドのサプライチェーンと環境対策が対象となっています。ここでは、Odette e Odileを「まだまだ」と評価しています。スコア評価は以下の要因に影響を受けます:

  • 低影響の素材を使用する証拠を示していません。
  • 製造過程で有害な化学物質を減らすまたは排除するための具体的な取り組みの証拠を示していません。
  • 水の使用を減らすための具体的な取り組みの証拠を示していません。
  • 直接事業とサプライチェーンの温室効果ガス排出量を削減するという科学的根拠に基づく目標を設定していますが、その目標を達成するための進捗状況を示す証拠はありません。

「人間」に関する評価は児童労働、生活賃金やジェンダー平等など従業員の権利を中心に、ブランドの方針、実践が対象となっています。ここでは、Odette e Odileを「非常に悪い」と評価しています。スコア評価は以下の要因に影響を受けます:

  • サプライチェーンのいずれも、従業員の健康や安全、生活賃金、その他労働権利を保証する労働基準の認証がされていません。
  • 2023年のファッション透明性指数で11-20%のスコアを獲得しました。
  • サプライチェーンにおいてダイバーシティ&インクルージョンをサポートしている証拠を示していません。
  • 自社のサプライチェーンにおいて従業員に生活賃金が支払われている証拠を示していません。
  • コロナ渦中、サプライチェーン内の従業員をウイルスから保護するための適切なポリシーや保護手段を十分に開示していませんでした。

「動物」に関する評価は動物福祉方針、動物由来の製品に焦点を当て、特に製品のトレーサビリティに重点を置いています。ここでは、Odette e Odileを「まだまだ」と評価しています。スコア評価は以下の要因に影響を受けます:

  • 動物福祉方針が存在する証拠を示していません。
  • 革を使用しているようです。
  • ウール、ダウン、毛皮、アンゴラ、エキゾチックスキン、またはエキゾチックファーを使用していないようです。
  • 初期の製造段階から動物由来の素材を追跡している証拠を示していません。

公開されている情報をすべて確認した結果、Odette e Odileを総合的に「まだまだ」と評価しています。

最終更新:2024年1月

Share :
URLをコピーしました

ブランドページ

Visit Odette e Odile

展開

ウィメンズウェア

カテゴリ

シューズ

Learningいっしょに学ぼう

絞り込み検索