John Lewis

  • Rate 1
  • Rate 2
  • Rate 3
  • Rate 4
  • Rate 5
評価 : まだまだ
価格帯 : ¥¥¥¥
国名 : イギリス

John Lewisは、従業員への生活賃金の支払いを確保するための適切な措置を取っていません。

John Lewis エシカルレーティング結果

地球
2/5
人間
2/5
動物
3/5

総合スコア : まだまだ

  • Rate 1
  • Rate 2
  • Rate 3
  • Rate 4
  • Rate 5
Shift Cの総合スコアは、5段階で評価されます。 詳しい評価方法はこちら

John Lewisの評価は、John Lewisのアパレルブランドにのみ適用され、他の製品カテゴリーには適用されません。John Lewisが取り扱う他のブランドについては個別の評価をチェックしてください。

John LewisはJohn LewisPartnershipグループのブランドです。

「地球」に関する評価は二酸化炭素排出、廃水、ビジネスモデルや製品の循環まで、ブランドのサプライチェーンと環境対策が対象となっています。ここでは、John Lewisを「まだまだ」と評価しています。スコア評価は以下の要因に影響を受けます:

  • 環境負荷の少ない素材をほとんど使用していません。
  • 製造過程で有害な化学物質を減らすまたは排除するための具体的な取り組みのエビデンスはありません。
  • 水の使用を減らすための具体的な取り組みのエビデンスはありません。
  • サプライチェーンにおいて生物多様性を保護するための行動を取っているエビデンスはありません。

「人間」に関する評価は児童労働、生活賃金やジェンダー平等など労働者の権利を中心に、ブランドの方針、実践が対象となっています。ここでは、John Lewisを「まだまだ」と評価しています。スコア評価は以下の要因に影響を受けます:

  • サプライチェーンの一部は、Sedex会員倫理貿易監査(SMETA)のベストプラクティス・ガイダンスによって認証されています。
  • 2023年のファッション透明性インデックスでは31〜40%のスコアを獲得しました。
  • サプライチェーンにおいてダイバーシティ&インクルージョンをサポートしているエビデンスはありません。
  • 自社のサプライチェーンにおいて労働者に生活賃金が支払われているエビデンスはありません。
  • コロナ禍中に、サプライチェーンの労働者をウイルスから保護するためのいくつかの方針を明示しました。

「動物」に関する評価は動物福祉方針、動物由来の製品に焦点を当て、特に製品のトレーサビリティに重点を置いています。ここでは、John Lewisを「ここから」と評価しています。スコア評価は以下の要因に影響を受けます:

  • 動物福祉の「5つの自由」に沿った正式な方針があり、実施メカニズムも明確です。
  • 革、ムートン、エキゾチックファー、動物の角、装飾用の羽、及びシルクを使用しているようです。
  • ウール製品の一部でリサイクルウールを使用しています。
  • 使用しているダウンの一部は、レスポンシブル・ダウン・スタンダード(RDS)によって認証されています。
  • 毛皮、アンゴラ、またはエキゾチックスキンは使用していないようです。
  • 一部の動物由来の素材を初期生産段階まで追跡しています。

公開されている情報をすべて確認した結果、John Lewisを総合的に「まだまだ」と評価しています。

最終更新:2024年1月

Share :
URLをコピーしました

ブランドページ

Visit John Lewis

展開

ウィメンズウェア, メンズウェア, キッズウェア

カテゴリ

トップス / ワンピース&オールインワン / ボトムス

認証
ブランドが取得した第三者機関による認証について知りたい方は、以下のアイコンをタップ(認証は一部の商品にのみ適用される場合があります)

Global Recycled Standard
20%以上のリサイクル素材を使用した製品に対する自主規格で、人や環境に有害でないことを保証する。

Learningいっしょに学ぼう

絞り込み検索